2017年10月9日月曜日

Classic MacOSの文字化けしたファイル名を修正する

とある事情から、Classic MacOS上で作成したファイルを開く必要があり、フロッピーからバックアップを取っていた.imgファイルからファイルを復旧しました(.imgはディスクユーティリティで.dmg形式に変換する必要もあった) ところがディスクイメージ形式の変換も終わりいざディスクイメージをマウントしてみると、日本語のファイル名が全て文字化けしている状態でした。 そもそもフロッピーからイメージ化したのもClassic OS上だし仕方ないことなのですが、いかんせんファイル名が見えないことには 何もわからないので、変換する方法を調べてみたところ、Apple自身がファイル名の修正ユーティリティを提供していました。 File Name Encoding Repair Utility v1.0 https://support.apple.com/kb/DL355?locale=ja_JP 使い方は、アプリを起動したあと対象のファイルをドック上のアイコンにドラッグ&ドロップすればOKで、その後はポップアップされるダイアログにしたがって処理を行えば良いです。Correct Text Encodingは、この記事をみている人であれば"Japanese"にすると良いような気がします。 "

0 件のコメント:

コメントを投稿