2016年7月1日金曜日

macOSのdocker toolboxをproxy環境下で使うために必要だった設定

proxy環境下でdocker toolboxを使った場合に必要だった設定のメモ
具体的には2つ別の設定をする必要があったのでメモ。
良く考えればそうなんだけど、そもそもの構成を理解してなかったというのもある。



1.boot2docker内からproxy接続するための設定

以下のファイルを編集
$ sudo vi /var/lib/boot2docker/profile

export http_proxy=http://xxx.xxx.xxx.xxx:xxxx
...
みたいに書く。

その上で、
$ sudo /etc/init.d/docker restart

これでboot2docker内ではdockerコマンドが通るようになる
$ docker search hello-world
みたいな感じ

2.osx上のdockerコマンドがboot2dockerに接続するための設定
osx上のdockerコマンドは裏でデフォルト2376ポートでboot2dockerと通信することで
透過的なコマンドを実現しているようで(※)、これはproxyを介さないようにする必要がある。

proxy設定によっては不要なんだろうけれど、特定のポートしか許可してなかったりする場合にはこの設定が必要

具体的にはexport no_proxy=xxx.xxx.xxx.xxxのような感じで環境変数に設定する。
設定するIPアドレスは
$ docker-machine ls
のURLとか、
$ docker-machine env 環境名
のDOCKER_HOSTで出てくるIPアドレスが対象である。

<追記>
macOS上のipアドレスとVirtualbox上のipアドレスのマッピングは
VBoxManageコマンドで可能そう(まだ試してない)

https://skatsuta.github.io/2015/08/13/docker-machine-port-forwarding/

<さらに追記>
というかVirtualboxのGUIから普通にできたので通常はそれ使えばいいと思った。

Related Posts

2015年8月20日木曜日

Google Chrome 44でユーザ切り替えメニューを左上に戻す

以前の chrome://flags からは "enable-new-avatar-menu" の項目が消されてしまっていたので超不便になった。

chrome.exeの起動オプションで指定すれば依然、無効化することが可能
"<Chromeのパス>\chrome.exe" --disable-new-avatar-menu

Related Posts

2015年6月26日金曜日

Symfony2でテーブルからEntityを生成する方法

1.テーブルを作成・変更
 2.テーブルからマッピング情報を生成
$ app/console doctrine:mapping:import yml 
3.マッピング情報からEntityを生成 
$ app/console doctrine:generate:entities 
4.crudを生成 
$ app/console doctrine:generate:crud 
すでに存在する場合は--overwriteオプションで上書き

Related Posts

2015年2月13日金曜日

Raspbianでnetatalkを使ってTime Capsuleを使うインストールメモ

raspbianにおいてnetatalk3でtimemachineを使う方法。 といいつつまだうまく言っていないので途中経過。 必要パッケージインストール https://www.davidschlachter.com/misc/netatalk3rpi を参考にした $ sudo apt-get install avahi-daemon bison build-essential checkinstall cracklib-runtime db-util db5.1-util groff libacl1 libacl1-dev libattr1 libavahi-client-dev libavahi-client3 libavahi-common3 libc6 libcomerr2 libcrack2 libcrack2-dev libcups2 libdb-dev libdb5.1 libdbus-1-dev libdbus-glib-1-dev libevent-dev libgcc1 libgcrypt11-dev libgcrypt11 libglib2.0-dev libgnutls26 libgssapi-krb5-2 libk5crypto3 libkrb5-3 libkrb5-dev libldap-2.4-2 libldap2-dev libpam-cracklib libpam-modules libpam0g libpam0g-dev libssl-dev libtool libtracker-extract-0.14-0 libtracker-extract-0.14-dev libtracker-miner-0.14-0 libtracker-miner-0.14-dev libtracker-sparql-0.14-0 libtracker-sparql-0.14-dev libwrap0 libwrap0-dev lsof netbase perl procps quota rc systemtap-sdt-dev tracker tracker-explorer tracker-extract tracker-gui tracker-miner-fs tracker-utils zlib1g $ sudo git clone git://git.code.sf.net/p/netatalk/code netatalk $ sudo ./bootstrap spotlightサポートを有効にするには--with-tracker-pkgconfig-version=0.14の指定が必要らしい $ sudo ./configure --with-init-style=debian --with-tracker-pkgconfig-version=0.14 $ sudo make $ sudo make install mountコマンドで外付けディスクをマウント hfs+でジャーナリングが有効な場合にはreadonlyでしかマウントされないらしいので無効にする http://support.apple.com/ja-jp/HT2355 /usr/local/etc/afp.confを編集して、マウントしたディスクを指定 起動 $ /usr/local/etc/afp.conf <その他の参考> http://qiita.com/soramugi/items/cce8bb19aaa5604e0607 http://takuya-1st.hatenablog.jp/entry/2014/04/07/013519 http://netatalk.sourceforge.net/3.0/htmldocs/installation.html#compiling-netatalk https://www.davidschlachter.com/misc/netatalk3rpi

Related Posts

2015年1月29日木曜日

Pythonの要点だけ: proxy越しのpipでcertificate error

OSX上のPythonでproxy越しのpipでインストールを試みると、
Certificate Error: hostname '<PROXY>' doesn't match either of 〜 以下略
のようなエラーになって動かなくなっていました。

Python自体のバージョンが2.7.7だったので、2.7.9にアップデートしたところ解消したというメモ。

Homebrewを使っていたので
$ brew upgrade python
これでOKでした。

Related Posts

2014年12月8日月曜日

OSX Yosemiteの要点だけ:Windowsから共有フォルダに接続できなくなった

OSX Yosemiteにして以降、Windows (7) から急に共有フォルダへのログインができなくなり、
色々検索してみると、OSX側のSambaのバージョン(?)が変更されたことが原因の模様。

対処は、Windows側の「Lan Manager認証レベル」というのを変更することで接続できるようになった。

以下Windows側での操作。
(1)スタート>コントロールパネル をクリック
(2)システムとセキュリティ>管理ツール をクリック
(3)ローカル セキュリティ ポリシー をダブルクリック
   →ローカル セキュリティ ポリシーのウインドウが開く
(4)左ペインからローカルポリシー>セキュリティ オプションを選択
(5)右ペインから「ネットワーク セキュリティ: LAN Manager 認証レベル」をダブルクリック
(6)プルダウンから「LTLMv2 応答のみ送信する」を選択
(7)適用

以上の設定変更でログイン可能になった。

参照: https://discussions.apple.com/thread/6613032

Related Posts

2014年12月4日木曜日

Aptana Studioの要点だけ:Yosemiteで起動しなくなったとき

OSX YosemiteにしてからAptana Studioが起動しなくなったので、対処法を調べました。エラーは以下
The JVM shared library "/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_05.jdk/Contents/Home/bin/../jre/lib/server/libjvm.dylib"
does not contain the JNI_CreateJavaVM symbol.
以下のリンクからJava for OSXをインストールすると起動した。
http://support.apple.com/kb/DL1572?viewlocale=en_US&locale=en_US

Related Posts